Violin,音楽に触れて心も体も元気に!

昔から憧れていた楽器、子供さんがやってみたい!という楽器。

でも、楽譜も読めないし何だか難しそう。。。

そんな風に思われている方が多いViolin。

ピアノみたいに簡単に音が出ないかもしれませんが、ちゃんと持ち方を教えてもらえば音はすぐ出るもの。

体に直接触れる面積の大きいViolinは、音の持つ力を実感しやすい楽器でもあります。

 

習わなくても聴いてみたい!という方も大歓迎!!

さあ、尻込みしないで一度いらしてください!

 

 

真夏のような日差しと暑さ

一気に真夏のようになっている京都です。

6月は日が長いから、早朝から明るく、夕方もいつまでも明るいです。

気持ちは良いですが、めちゃめちゃ紫外線が降り注いでいる感が。

 

発表会も残り2ヶ月を切り、いよいよみんなの仕上がりがきになってきました。

とはいえ、緊急事態宣言中ゆえ、合奏練習ができません。

う〜ん・・・

解除になったとて、感染者数が一定数いれば、合奏練習ができるかどうかとても微妙なところです。

 

こんな風に暑くなってくると

ヴァイオリン弾く気力が失せたり、コロナ禍で気力がなくなる人も見られます。

無理して頑張る必要な無いと思うので、エネルギー値が上がってくるまで十分充電するのも良策だと思います。

もし、少しでも楽器を持ってみても良いと思うのなら大チャンス!

音楽には自分を癒やす力がありますからね

ヴァイオリンは自分の身体に直に楽器を乗せて響かせる楽器です。

どれほど自分が癒やされることか。

 

うまくないからストレスが溜まるばかりですか?

開放弦で弾く、全弓でなくていい、いい音がだせるところだけでいい

音色に意識を向けていく内に

心が軽くなっていくのが実感できますよ。

 

0 コメント

水無月

6月になりました。

爽やかな少し暑い6月の始まりです。

 

緊急事態宣言が延長されたため、今月20日までは5月同様、オンラインレッスンを基本とし、ご希望があれば対面レッスンを承る形式で進めます。

 

昨年の春は時が止まったようにできないことが沢山ありました。ですが、思えば今年の緊急事態宣言の期間の方が長くなってしまいました。蔓延防止期間を加えればもっと長くなります。

こんな中、子供たちは頑張っているなあと思います。

いえ、大人たちも頑張っています。

 

私は、毎年変わらず春に芽を出す植物や、時期が来ると出てくる昆虫、そんな小さな存在たちに元気をもらっている気がします。

文句言っていないで日々自分のできることをやっていこう、そんな風に思えてきます。

 

昨年は20粒くらいしかできなかったブルーベリーが、今年は50粒くらい実をつけています。

また、今年は柚子も実がついています。

アゲハの幼虫に葉っぱを食べられないよう、見張っています。

先日はドクダミを収穫し、今チンキを作っています。

こんなことを書いたらとってもお庭の手入れが行き届いているみたいですが、雑草だらけです。

そしてまた、その雑草の元気さに、パワーをもらってしまいます。

 

皆さんのパワーチャージは何ですか?

自然ばかり書いていますが、もちろんヴァイオリンにもパワーをもらっているのは言うまでもありません。

 

 

 

 

0 コメント

新緑を見て思う

この間5月になったと思いましたが、早9日。

新緑の元気な様子を見ていると、また日の出の早さを思うと

5月も進んでいることが実感されます。

 

十字屋の教室は学校があるので今まで通りですが、自宅レッスンでは感染者数などを考えて、基本はオンラインにしました。オンラインと対面、皆様に選択していただいています。

 

何が正解なのか 誰にもわからないのですが

ストレスを誰かにぶつけてみたり

悪者を作り上げてみたり

そんなことのないようにしないといけないなと思います。

目に見えない敵は恐ろしくもあり

私たちと同じように懸命に生きようとしているだけなのかもしれません。

 

水や空気が人間によって汚されても

植物たちは元気に育っています。

人間は地球上の全ての生き物にとってどんな存在なんでしょう。。。。。

 

自分が良いと思っていること

大事にしていること

自分にとって重要なことでも

他人から見ればとてもつまらないことかもしれません

大人が良いと思うことは

子供にとっていやなことかもしれません。

音楽家にとって大事なことは

一般的には意味の無いことかもしれません

それでもなお

それを大事に思うのなら

他をはねのけず、自分にとって価値あるものを選択できる人間でありたいと思います。

 

受け入れることは 排除することよりも難しい。

でも

受け入れることが大切だと思います。

 

 

 

 

 

0 コメント

新学期

4月半ば過ぎ

新しい年度の始まりに、少しずつ慣れ始めてきた頃でしょうか。

今は基本的にみなさん忙しい。忙しいのが普通といった風でもあります。

忙しくなければ、ありがたいというよりも、仕事がない、といったようなマイナスな場合もあり得ます。

なかなか大変な世の中です。

 

去年の今頃は学校が休校となり、息子は在宅、私の仕事もお休みやらオンラインやらで少し暇となり

思いがけずゆっくり過ごすことになりました。

そこから徐々に学校が再会し、私のレッスンも対面になりだし、元通りとはいかないまでも、対策しつつ元に近い形態が保ててきました。

 

息子の部活動も、昨年できなかったコンサートを小規模ながら今年は終えることができ、最上級生の引退も見届けルことができました。

子供たちの1年はやっぱり失わせてはいけないなと思います。なんとか感染拡大を防いで、不完全でも子供たちの日常を守ってあげたいと思います。

 

現在、大幅な奏法の変更をしています。

歩みは遅いですが、少しずつ出したい音色に近づいているのがとてもうれしいです。

私がレッスンで習っていることをしっかり自分のものにして、私のところへ通って下さっている皆様方へも早く還元したいなと思っています。

心と身体を整えて、真摯に一歩ずつ。

 

私の大好きな新緑の季節がやってきました。

エネルギーをもらえますね。

 

0 コメント

春休み

桜はやはり綺麗ですね。

昨年も思いましたが、植物は様々な気候変動があっても、しっかりと季節を感じて生きています。

桜はとても美しく、私たちは綺麗だ綺麗だと桜を見ては喜んでいます。綺麗なお花は私たちを良い気分にしてくれます。

でも、雑草は抜いたりするわけで、同じ植物でも扱いがずいぶん違います。

マスク生活や自粛生活、そんな生活ぶりは植物からみたらどんな風に見えているのだろう。。。

人間は本当に本当にどうしようもないくらいわがままで身勝手な生き物なんだろうなと、綺麗な桜たちを眺めながら考えていました。

 

異様な暖かさも、花粉や黄砂、PM2.5、全部自業自得で、自分たちで生きづらい世界を作り上げてしまっています。

さて、私たちはこの先どこへ向かっていくのでしょうか。

 

春休みまっただ中で、子供たちの姿をよく目にします。

コロナ禍とはいえ、鴨川や御所には子供たちが沢山。子供たちが自由に走り回れない世の中になって、大人としては少し申し訳ないような気持ちもしながらその様子を眺めています。

私は3歳からヴァイオリンを習っています。早期教育かもしれませんが、私は楽しい楽しいと思っていました。実際スパルタではありませんでした。

現在、0歳児や1歳から教育をさせたり、小さい内から様々なことを学ばせるのがとても良いような風潮もあります。

皆さん、どう思われますか

 

早いうちから様々なものに触れさせて、大いに学ばせてあげるのは良いことだと思います。

しかしながら、行き着く先は何でしょうか

この時期には、東大や京大に受かった人数の多い高校が発表されたりします。

東大や京大に入れれば、それで良いのでしょうか。

世の中で話題になるのは、成功した人の話です。

有名大学に入っても、社会で使い物にならない人の話や、そもそも働けない人の話は出てこないだけで沢山あります。

音楽家も然り。

 

肩書き以上に大切なことがあると思います。

大切なものを持った人でないと、社会に出て行くことは大変です。

私の教室では、ヴァイオリンはもちろんですが、それぞれの方がヴァイオリンを通して心を豊かに過ごして下さることを目指しています。

綺麗な桜を見て綺麗と思えるようになるのはもちろんですが、全てのものに心を馳せれるような人になってほしいと思います。

 

0 コメント

よく学ぶ

彼岸の入りです、が、既に桜は開花しています。

春が来るのはうれしいけれど、入学式と桜なんて、今年は全く収められそうにない風景になりそうです。

とはいえ、卒業式と桜、が絵になりそうですね。

卒業される皆様、おめでとうございます。

 

夏休み,冬休みと過ごしてきた学生の皆さんの春は実は一番宿題がなくてのんびりしている時期かもしれませんね。

私の春はといえば。。。今年はよく学ぶ春です。

 

コロナ禍で、基本的にはできることが限られたりして不自由な生活なのですが、オンラインでつながるという方法が当たり前になったことはありがたいことです。

直接会える方が良いのですが、普段遠く離れていたら、オンラインはとても便利なツールです。

離れていたら今までは受けたくても受けられなかった講座やレッスンが、zoom,skype等で受けられます。

 

年齢のせいか、学びを通して、今までの自分の歩んできた道の意味みたいなものがふと理解できることが増えています。

 

マイナスだったと思うような経験が、忘れた頃になって意味をもってきています。

年齢と共に、失うことが多いようなイメージもありますが、歩んできた道の分だけ経験が自分を育ててくれるんだなと思うと、これから先もちょっと楽しくなってきますし、悩みまっただ中にいる人たちに、ヴァイオリンを通して何か元気をお裾分けできたら良いなあと思います。

音楽に携わる仕事をずっと続けてこられていることは、改めてありがたいなと思うのです。

これからも、元気でよく学んで、長くこの仕事に携わっていきたいなと思います。

 

 

 

0 コメント

3月になってしまいました

あっという間に3月です。

先週は2月22日。ライブ配信日でした。

ご視聴ありがとうございました!

また見ていないという方は、今からでも視聴していただけるので、「音楽福祉工房はればれ」のHPから是非視聴してみてください。

 

とっても暖かな3月の初日。

月曜日は教室でのレッスンなのですが、お部屋からの御所がよく見えてとても気持ちの良い眺めです。

お散歩されている方の服装も、今日は軽装。

梅も見頃で、暖かい春はすぐそこです。

 

息子の学校では昨日高校の卒業式でしたが、近くの高校は今日が卒業式のようで、門の前で写真を撮る子供たちを見ました。私にもそんな日があったなあ。。。

とっても眩しい子供たちでした。

 

ずいぶん時が流れましたが、高校生の頃に考えていたことが今になってつながったり、無駄に思っていた昔の経験が今になってありがたく思えたり。

もし生まれ変わるならあんな道はたどらない!と思うようなことが、今それも含めて良かったと思えるような、人生とはそんな不思議なことがあるように思います。

 

よく、人生に無駄なんて無い、と言われますが、自分を振り返ると無駄!と思ってしまうことがありました。

当時に戻ることはできないけれど、納得いっていないようなことは、別の形で似たような問題に出くわします。そのとき、納得する選択ができれば、それは意味がある経験になっていくのでしょう。

何度も起こるマイナス体験は、自分の人生の課題なのかもしれません。

こういう問題は、小さい子に倣うのが一番。

彼らの答えは大変シンプルだから。

音楽だって同じかもしれませんね。

 

 

0 コメント

ライブ配信のお知らせ

2月も半分が過ぎました。週末は季節外れの暖かさで、今日も暖かい雨の朝です。

月曜日は教室でのレッスン日ですが、我が家からの交通の便が微妙すぎるので、自転車です。しかし雨となると。。。

歩きます。

バスや地下鉄を利用しても、あまり時間が変わらないのです。

 

せっかくなので、京都御苑の梅園をのぞいできました。

咲き始めていますよ!

 

梅はほんのり良い香りがするし、春が近い感じがするので元気になります。

桜みたいに満開感がありませんが、その控えめな感じもまた春に先駆けている感じがして好きです。

 

今日は雨のせいか、緊急事態宣言中だからか、人が少なくてゆっくり楽しませてもらいました。

人が少ない代わりに、工事車両や造園業の車が何台も。

補修工事をして下っていたり、古木を伐採したり。

こういう方々の支えがあって、御苑の環境はいつも綺麗で癒やされる場所になっているんだなと思います。

 

さて

「はればれ」の2月のライブ配信日が近づいてきました!

今月は22日月曜日、14時からとなります。

お仕事や学校などの時間ですが、ライブでなくても配信後は視聴できますので、都合のつかない方はまた後日みていただければうれしいです。

今回は不朽の映画音楽特集ですよ〜クイズもあります。

 

ご覧になった感想やご意見、ご希望等聞かせて下されば、私たち、もっと成長できると思いますので

どうぞよろしくお願いします!

 

心、身体、演奏

暖かかった週末の後の寒の戻り。とても寒く感じます。

今朝は少しだけ雪景色だったので、寒くてもテンションがあがりました。

雪には大きな力がありますね。

 

大声で笑う時、下を向いて背中を丸めて。。。ということはないですね。

ショックなことがあったとき、胸を張って前を向いて。。。ということもありません。

 

おなかが痛いとき、姿勢を良くしてまっすぐたつのは大変

です。腰が痛かったり、どこかが痛むと、姿勢をよく保つことは難しくなります。

 

免疫力強化には、内臓の力を強くするのが良いとか。

内蔵も筋肉なので、年々衰えてくるもので、内臓の力が強いとは思わない私は、内臓を鍛えようと思い立ちました。

 

今までもやっていないわけではありませんが、今までのものは他力。ヨーグルト、お漬物、梅干し。。。

今回は、内臓を伸ばして鍛える。

骨体操に加えてヨガ、ツボ押し。。。

日常からどうやら胃のあたりを縮める癖があることに気がつきました。しかも縮めて力を入れている!

そうすると、左右のバランスが崩れるので、肩がこる。

しかも、左側だから、ポジションチェンジや音程など楽器の演奏にも支障があるではないですか!!

今頃気がつくなんておかしいですが、とにかくすぐに縮こまりそうになる胃のあたりを伸ばしてリラックスさせつつ、その姿勢を保つために下腹部や背骨に注目してみています。

しばらく続けているときっと何か変わりそうな予感。

 

いつも姿勢の悪い子供たちも、内臓の働きが悪かったりするのかもしれませんね。

大人の方々も含め、演奏前に身体伸ばしをしようかな。

 

 

 

立春

立春

毎年寒い印象のあるこの日ですが、今年もやはり寒い1日でした。京都は時折雪も舞っていました。

 

冬は寒いし、今年は特に新型コロナウイルスの影響で出歩く機会も大幅に減っているので、意識して動かないと運動不足になってしまいます。

ヴァイオリン骨体操はやるものの、春の自粛期間中みたいに走ったりもしていなくて。

今ひとつ健康体ではないなと思うので、以前整体で教えていただいていた体操を毎朝必ず取り入れることにしました。

さらに、何かのついでにゴルフボールを足裏で転がしたり(本当はボールの上で足踏みしたいけど痛すぎてできないので)してみています。

そして、母から送られてきた賀茂鶴の酒粕と、自家製甘

麹で作る甘酒。

これで身体が温まるようです。

朝から体操をするのは私にはとっても良いようです。

年齢と共に衰えてくる身体を維持するためには、それなりのケアが必要なのですね。

これはヴァイオリンでも同じです。

昔のように弾けない。。。のではなく、ケアが抜けている。

年々、ケアだけでは昔に持っていけなくなるところが出てくるんだとは思いますが、逆に年齢と共に備わってくるものもありますね。

 

まずは皆さんも準備運動ではありませんが身体のケアをして日常生活やヴァイオリンの練習をしてみてください。

身体が軽いと気持ちもあがります。

 

「音楽福祉工房はればれ」の配信はご覧いただけていますか?

良い音楽をお届けしたいのはもちろんなのですが、何より、見て聞いて下さった皆さんにとって有意義な時間になることがとても重要だと思っています。

そのために、ご意見やご要望をいただいたいなと思っています。

 

どうぞ皆様、心穏やかにお過ごしください。

急ぎ足の春

あっという間に4月2週目です。
この時期、ソメイヨシノは終わりかけでも、紅枝垂れ桜や八重桜はこれから!というのがれいねんですが、今年は既に八重桜も満開。
サツキまで咲き始めています。
何だか忙しいです

忙しいのは私も同じ。
ですが、この仕事、忙しいのはありがたいこと、とも言えます。

今年度は仕事以外の仕事?もあれやこれや。
何やら休む間がない一年を過ごすこと必至の状況ですが、頭で考えるのではなく、与えられた日々、着実にこなしていこうと思っています。

とかく考え事が好きな私はあれやこれや…思いを巡らせるがちですが、そんな暇あるならやれっ❗️
やるしかないのです。
色々な経験は、音楽と無関係な感じもしますが、振り返ると必ず、成長の証として音楽に再現されると思います。

目の前のことに力を注ぐ
忙しい時こそ大切なこと。
成功の秘訣
でもありそうですね。

頑張りましょう。